あのウルトラマンPC、IBM PC110を再び!「GPD WIN」

既に2週間以上前に報じられたニュースのため今更感がありますが、コントローラ付ゲーム専用モバイルPC「GPD WIN」を取り上げます。

ゲームパッドを備えた5.5インチのクラムシェル型Windows 10ノート「GPD WIN」が国内発売へ。「ニンテンドー 3DS LL」とほぼ同じサイズの超小型PCだ。

端的に言うと「ニンテンドー 3DS LL」とほぼ同じサイズに抑えた、ゲームパッドを備えた5.5インチのクラムシェル型Windows 10ノート「GPD WIN」が国内で発売されるというもの。

l_yx_gpd_01

この写真を見た瞬間に、私は20数年前に発売されたあのパソコンのことを思い出しました。

その名は通称ウルトラマンPCこと、IBM PC110。

IBM PC110とは

pc110

1995年9月に日本IBMから発売された超小型パーソナルコンピュータ。
今でこそ、iPhoneでモバイルコンピューティングのやりたいことの8割ができる環境になりましたが、PC110が発売された20年前、A6サイズのモバイルPCを持ち運ぶことができるのは夢のまた夢でした。

元々はPC DOSがインストールされていますが、遅いながらも無理矢理Windows 95をインストールすることも可能で、1台だけでは飽き足らず、予備を含めて数台買い漁ったことは懐かしい思い出です。

時の流れとともに使うことは無くなってしまいましたが、現在も家の押入れの中に2台眠っています。

IBM PC110とGPD WINの比較

BM PC110とGPD WINのスペックを以下の表にまとめました。

GPD WIN IBM PC110
OS Windows 10 Home PC DOS J7.0/V または Microsoft Windows3.1
CPU Intel Atom X5-Z8500 Intel 486SX 33MHz
RAM 4GB 4MBまたは8MB
ストレージ 64GB eMMC 4MBフラッシュメモリ内臓
ディスプレイ 5.5インチ、1280 × 720ドット、タッチ対応、ゴリラガラス 4.7インチ、640×480ドット、256色DSTNカラー液晶
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1 2400bpsモデム内蔵
入出力 USB 3.0 Type-C、USB 3.0、HDMI、オーディオ、microSD スマート・ピコ・フラッシュ用スロット1、PCMCIAカードType2×2
サイズ 155×96×22 mm 158×113×33mm
重量 300g 630g

大きさはほぼ同じなのにもかかわらず、画面はGPD WINの方が画面は約1インチ大きく、重量は半分以下の300gになっています。

予約販売

GPD WINは国内先行予約受付がクラウドファンディングサイト「Makuake」で先着50人限定で行われ、数日で完売しましたが予価の28%オフで追加販売されています。

一般発売は来春の予定で、想定価格は5万5000円(税込・送料別)。量産効率が向上した場合は価格が下がる可能性があります。

【更新情報】2016年6月9日追記 GPD Win実機動作のご連絡 おかげさまでサポーター様の人数が450人を突破しました!多くの皆様にご支援を頂いており大変嬉しく思います!!ありがとうございます! メーカーよりyoutubeに実機動作の映像が公開されましたのでご案内させて頂きます! 販売に向け着々と開発...
関連コンテンツ

シェアする

フォローする