特定のフォルダの全ての日時のTime Machineのバックアップを削除したい

過去記事を整理していたら、Mac OS Xの特定の日時のTime Machineのバックアップを削除する記事は掲載していたのですが、特定のフォルダの全ての日時のTime Machineのバックアップを削除する方法は未掲載でしたので今回の記事にします。

OS Xをバージョンアップし、安定して稼働すると過去のOS Xに戻すことは、特定のアプリケーションが動かないなど特殊な状況でなければほとんど無いと思います。

Time Machineのバックアップはハードディスクの空き容量が無くならない限りどんどん蓄積していきます。過去のバージョンのOS Xなど今後バックアップから戻す必要がないものはいっそうのことバッサリ削除するとハードディスクの空き容量の節約になります。

「メニューバー」右側の「ステータスメニュー」のTime Machineのアイコン>「Time Machineに入る」をクリックします。

削除したいフォルダを選び「アクションメニュー」>「hogeのバックアップを削除」をクリックします。(hogeにはフォルダ名や選んだフォルダの数が入ります。)
保存されている期間にもよりますが、OS Xのシステムやライブラリはかなり容量が多いので削除にけっこうな時間がかかりますので気長に待ちます。

意外な盲点になるのが、/Developer で以前のXcodeはこの中にインストールされていました。Mac App Storeから配布されているXcode4.1以降は通常のアプリケーションと同様に/Applicationsにインストールされます。(Xcode4もMac App Storeから販売されていましたが、インストールしておりませんのでどのような挙動か不明なので割愛いたします)
したがって、Xcode3以前からのユーザーはTime Machineのバックアップの/Developer にずっと過去のXcodeが残ったままになっています。Time Machineで/Developer が現れるまで過去にさかのぼり、削除するとかなりの空きが確保できると思います。