かわせみユーザー必見・Safariが頻繁に固まると思ったら「かわせみ」が原因かも

特にいつからと明確な記憶は無い無いのですが、最近Safariがあるタイミングで頻繁に固まる現象がありました。

固まるといってもOSごと落ちるというところまではいかず、CPUの負荷が190%まで上昇し暫くSafariが使えない状態になります。
しかし、Safari以外のアプリケーションは問題なく、その間も別のアプリケーションで動画の再生など比較的負荷がかかる動作も不自由なくできます。

また、暫く経ってからCPUの負荷が下がるとSafariも正常に動作します。
買ってから4年も経つしそろそろ買い時かなぁと時々思ったりもしますが、Safariが正常に動いている時は何一つ不自由ないため、まだまだ使い続けようという気持ちの方が勝っています。

ある時、固まるタイミングをヒントに原因を推定し対処したところ、症状が治まったため、皆さんにご紹介したいと思います。

Safariが固まるタイミングとは

  • 毎回ではありませんが、アドレスバーに検索する文字を入力した時は数分間
  • WordPressでビジュアル編集の画面で文字を入力した時に数秒固まりその後Safariが強制終了

と文字を入力する時に固まるためIMEに原因があるのでは?と推定しました。

大津一城はMacでは通常「かわせみ2」を使用しています

「かわせみ2」が原因ならば、アップデートが提供されているのでは?と思い、確認してみました。

「かわせみ2」のアップデートの確認方法

kawasemi
エクストラメニューのIMEのアイコン>「環境設定ツール」をクリックします。

kawasemi2
「更新」をクリックします。

kawasemi3
「今すぐ確認する」をクリックします。

Version 2.0.4のアップデートが提供されていました

「かわせみ2」を更新すると、あれほど頻繁に起こっていたSafariのフリーズや強制終了が全く起こらなくなりました。

まとめ

「かわせみ2」ユーザーでSafariが頻繁にフリーズする場合、「かわせみ2」をアップデートしてみましょう。

Apple
posted with iTunesLinker at 15.09.16
関連コンテンツ

シェアする

フォローする