UTF-8 対応 Tera Term Proを使ってWindowsからMac OS Xをターミナルで操作する。

Mac OS XはベースがUNIX系のOSなので当然ターミナルで他のマシンからリモートで操作できます。

Windows環境ではTera Term Proとsshの機能を追加するモジュールttsshを使ってUNIX系のOSを操作していらっしゃる方も多いと思いますが、Tera Term Proの欠点は文字コードがUTF-8に対応していないこと。

したがってMac OS Xでは日本語のファイル名等が文字化けしてしまいます。しかし、平田豊様が作成されたUTF-8 対応 Tera Term Proを使うとMac OS Xでも文字化けせずにリモート操作できます。素晴らしいです。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする