iPhone 6が届いた!ファーストインプレッション

iPhone 6を開封する前にやっておくこと

既にiPhoneを所有していてiPhone 6へ買い替えた場合、
iTunes または iCloud に旧iPhoneのデータをバックアップします。iTunesでバックアップを取り、iPhone 6へ復元すると、旧iPhoneとほぼ同じ環境で使用することができるので、パソコンやMacを所有している場合、iTunesでバックアップする方法をお勧めします。

iTunesでのバックアップの方法

旧iPhoneをパソコンまたはケーブルで接続し、iTunesを起動します。
iTunesの「バックアップ」の「このコンピュータ」にチェックをつけ、「今すぐバックアップ」をクリックします。(ケーブルに接続した時点で自動的にバックアップが実行された場合、改めてバックアップを行う必要はありません)
また、旧iPhoneを下取りに出す場合、「iPhone を探す」をオフにします。

開封の儀

iPhone 5とiPhone 6の大きさの比較

iPhone 5とiPhone 6の厚さの比較

auの機種変更ですが、端末増設の扱いのため、iPhone 5のSIMカードをそのままiPhone 6へ差し替えて使用します。

 旧iPhoneからiPhone 6へデータを復元

iPhone 6をiTunesへ接続すると上の画面が表示されます。
「このバックアップから復元」にチェックをつけ、これまで使用してきたiPhoneの名前と一致することを確認します。特にパソコンやMacを複数のユーザーで共用している場合は気をつけて下さい。確認後「続ける」をクリックします。

使用許諾の画面が表示されるので確認後チェックをつけ「続ける」をクリックします。

バックアップからの復元が開始されるので大人しく待ちます。

復元が完了すると上のメッセージが表示され、iPhoneが自動的に再起動します。

環境を整える

iTunesのバックアップから新しいiPhoneへ復元すると基本的には以前と同じ環境で使用することができます。
しかし、iCloudやメール、アプリケーション等のパスワードは改めて入力し直す必要があります。
また、私はauのキャリアのメールはメッセージアプリでリアルタイムで受信しながら、メールアプリでも受信しています。

その場合、メールアプリ側のezwebのメールアドレスは復元で引き継がれないので、改めて
SMSで#5000へ空メールを送信し、
返信メールに記載されたサイトへアクセスし「メールアプリ併用設定」をクリックし、プロファイルをインストールします。

 その他の注意点

iPhone 6の最初の起動時、またはiOS 8へアップグレードした端末の最初の起動時にiCloud Driveへのアップグレードの確認画面が表示されます。
iCloud Driveに対応しているのはiOS 8とOS X YosemiteがインストールされたMacです。そのため、iCloud DriveにアップグレードするとOS X Yosemiteが発表されるまで、iWorkやその他の書類にアクセスできなくなります。その他の書類にはOS Xのことえりのユーザー辞書とiOS のユーザー辞書の共有も含まれるため、変換効率が著しく悪くなります。
したがって、OS X Yosemiteが発表されるまではiCloud Driveへのアップグレードは控えることを強くお勧めします。

iCloud Driveへのアップグレードをキャンセルする方法

「今はしない」

「続ける」をクリックします。

2014年9月21日追記

旧iPhoneでバックアップを取る際、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを付けるとキーチェンもバックアップが取られ、メールやアプリケーションのパスワードも復元され、入力の手間が省けます。

出典:http://support.apple.com/kb/HT4946?viewlocale=ja_JP

関連コンテンツ

シェアする

フォローする