動作しているMac用アプリケーションがサンドボックス化されているか確認したい

Mac App Storeの話題を扱ったついでに、サンドボックスの話題を一つ。
2012年6月からMac App Storeで配布するアプリケーションはサンドボックス化が必須になりました。サンドボックス化とはサンドボックス(砂場)と言われる閉じた実行環境を作り、障害が発生しても他のアプリや環境に影響を与えないようにすることです。
これによりセキュリティ面は上がる反面、サンドボックス化しなければ可能だった機能がサンドボックス化することにより不可能になる場合もあります。

いずれにしてもユーザーがアプリケーションを実行する分にはサンドボックス化されていることは意識することはありません。
しかし、サンドボックス化されているアプリケーションかどうかは確認することができます。

「アクティビティモニタ」を起動し、「メニューバー」>「表示」>「表示項目」>「サンドボックス」をクリックします。

「アクティビティモニタ」にサンドボックスの項目が表示され、「はい」がサンドボックス化されたアプリケーションになります。