Windows Server 2008 R2のActive DirectoryでOUの削除ができない

OUを削除しようとすると

OU を削除するのに十分な特権がないか、または間違って削除されたりしないようにこのオブジェクトは保護されています。

と表示されます。
Windows Server 2008からは「オブジェクトを保護する」にデフォルトでチェックが付いていて削除できないようになっているのでこのチェックを外すと削除することができます。

「Active Directory ユーザーとコンピューター」を起動し、「表示」>「拡張機能」にチェックを付けます。

削除したいOUを右クリックし「誤って削除されないようにオブジェクトを保護する」のチェックを外し「OK」をクリックします。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする