手持ちの動画を手っ取り早くDVDプレーヤー再生できるように焼きたい

iMac mid2011では以前プリインストールされていたiDVDが入っていません。
単にデータを焼くだけならMac OS X標準の機能を使えばできますが、DVDビデオを作成するにはサードパーティのソフトを使用しなくてはなりません。
私のMacには2006年頃からBurnが入っていたので、てっきりずっと以前に記事にしていたと思っていたのですが、過去ログを見ていたら未掲載でしたのでご紹介します。(ひょっとしたらさくらのブログからBloggerへ移す時に消してしまったのかも・・・)

Burnを起動し、「ビデオ」タブを選択し「DVD-Video」を選択し、3.の場所へ任意の動画をドラッグし、最後に右下の「ディスク作成」をクリックするだけで簡単に動画からDVD-Videoを作成することができます。
また、「データ」タブを選ぶとDVDやCD-Rにデータを、「オーディオ」を選ぶと音楽CDを、「コピー」を選ぶとDVDやディスクイメージからコピーをすることができます。
しかし、これらはMac OS Xのディスクユーティリティ.appやiTunes.appを使うとできるので使用頻度は低いかもしれません。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする