Mac OS X 10.7 Lionでワークグループ名を設定(変更)したい

「システム環境設定」>「共有」>「ファイル共有」にチェックを付け、

更に「オプション」をクリックし、「SMB(Windows)を使用してファイルやフォルダを共有」にチェックを付けます。
後はWindowsのワークグループを自動的に見つけ出し、そのワークグループに参加させるようです。

LeopardやSnowLeopardのように「システム環境設定」>「ネットワーク」>「詳細」>「WINS」の「ワークグループ」の項目に任意のワークグループ名を入力できるようになっていますが、Lionを新規でインストールしても自動的にWindowsワークグループのワークグループ名が入力されます。

また、ターミナルで

$ cat /var/db/smb.conf

を実行してみるとsmb.confは参照されていないのか、Workgroup名が「WORKGROUP」と初期設定のままになっていました。

Sambaのライセンスが3.2からGPLv3が採用されたためMac OS X 10.7 LionではSambaではなく別のWindowsファイル共有サービスが搭載されるという噂がありましたが、その影響かもしれません。アクティビティモニタを見るとnetbiosdというのがその噂のApple独自のWindowsファイル共有サービスっぽいですが・・・。
(2011年7月24日現在詳細不明)
2012年7月28日追記
OS X 10.8 Mountain Lionでもほぼ同様の操作でできます。
詳細はhttp://mac.kumadoumei.net/2012/07/windowsos-x-108-mountain-lion.html

関連コンテンツ

シェアする

フォローする