iPhoneの写真をGoogle フォトへ自動でバックアップする方法

以前、『iPhoneの写真をGoogle ドライブ へ「半」自動でバックアップする方法』

当記事は「半自動」でバックアップする方法です。 完全自動でバックアップを行う記事を にて掲載しています。 よろしければこち...

という記事を掲載しましたが、こちらの方法はGoogle Driveのアプリを使用したバックアップの方法。

今回はiftttを使用した完全自動のバックアップ方法です。

iftttのルール

iftttとは

既に何度か当ブログで紹介している、iftttは様々なWebサービス同士で連携することができるWebサービスです。

例えば、WordPressに投稿と同時にTwitterへ投稿したり、instagramへ投稿と同時にflickrへ投稿することが可能です。

今回のルール

今回はiPhoneで撮影した写真やスクリーンショットなどが「写真」へ保存されると同時に「Googleフォト」へ自動的に保存されるようにします。

Googleドライブではなく、Googleフォトに保存する理由

Googleドライブでは画像を保存する度にGoogleドライブの容量を消耗するためです。
Googleフォトであれば「高画質」で保存する設定にしておけば無制限に保存できます。
多少、画質は劣化しますが、私にはそれほど気になる劣化ではありませんが、もし気になるのであれば、「元のサイズ」で保存する設定にすることをお勧めします。

iftttの設定

IFTTT helps you do more with the services you love. Connect Amazon Alexa, Facebook, Twitter, Instagram, Fitbit, Slack, Skype, and hundreds more.

へアクセスします。

「My Applet」メニュー>「New Applet」をクリックします。

「this」をクリックします。

「iOS Photos」をクリックします。

「Any new photo」をクリックします。

「that」をクリックします。

「Google Photos」をクリックします。

「Connect」をクリックします。

iftttへ結びつけるGoogleアカウントを選択します。

「Upload photo to album」をクリックします。

Googleフォトへアップロードした時の設定を行い、「Create action」をクリックします。

「Finish」をクリックするとiftttの設定は完了です。

iPhoneの設定

iPhoneからGoogleフォトへのアップロードはiftttアプリが行うため、iftttアプリを

IFTTT
posted with iTunesLinker at 17.10.29

からインストールします。

iPhoneの「設定」>「写真」の設定を「読み出しと書き込み」にします。

以上で設定は終わりです。