クレジットカードを持っていない(持てない)方に朗報、「au WALLET プリペイドカード」がApple Payで利用可能に。

Apple Payで利用できるクレジットカードはたくさんありますが、ほとんどのデビットカードでは対応していないため、クレジットカードを持っておらず、かつSuicaの発行地域外の方はApple Payを利用することが不可能でした。

しかし、2017年7月4日より、事前チャージ方式の「au WALLET プリペイドカード」がApple Payで利用できるようになり、対応したクレジットカードを持っていない人もApple Payでの支払いが可能になりました。

「au WALLET プリペイドカード」のApple Payへの登録方法

iPhone 6以降のiPhone、またはiPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3以降のiPadはwalletアプリを使用して登録します。

walletアプリをタップし起動します。

「カードを追加」をタップします。

「次へ」をタップします。

「クレジット/プリペイドカード」をタップします。

カメラが起動するので、「au WALLET プリペイドカード」を枠内に入れカードの情報を読み取ります。

カード名義を入力します。
ローマ字または漢字のどちらでも入力できます。

カードの有効期限及びセキュリティコードを入力します。

利用条件の画面が表示されるので、内容を確認し「同意する」をタップします。

「QUICPay」の画面が表示されたら、「次へ」をタップします。

カード認証の画面が表示されます。

「au WALLET プリペイドカード」に登録されている、電話番号の下4桁とメールアドレスが表示されます。
カードを認証する方法をどちらか選択し、「次へ」をタップします。

SMSまたはメールに記載されている「認証コード」を入力し、「次へ」をタップします。

「完了」をタップするとApple Payへの登録が完了します。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする