iPhoneのバッテリーの消耗状態を確認する方法

バッテリー

iPhone 7が先日発表になりました。

私のiPhone 6も購入してそろそろ2年になろうとして、バッテリーの持ち時間が気になりだしています。

先日も朝、通勤時間の1時間の間にバッテリーの残量が60%になり、あまりにも酷いなぁと感じたため、バッテリーの消耗状態を調べてみました。

iPhoneのバッテリーの消耗状態を確認する方法

Appleのサポートを利用する

Contact Customer Support

へアクセスします。
利用期間、契約内容によっては問い合わせだけで1件3,000円かかります。

applebattery

サードパーティのアプリを使用する

バッテリーの状態を確認するアプリがあるのでそれを使用します。

を使用すると簡単にバッテリーの状態を確認できます。

battery life

起動するとどれだけ消耗しているか確認できます。

battery life

RAWデータを選ぶと

  • 残量
  • 容量
  • 充電回数

などの確認ができます。

battery life

グラフとして表示させることもできます。

iPhone 7はiPhone 6と比較してデザインの変更が少なく積極的に買い換えようという気分にはなりませんが、バッテリーの消耗状態を考えると今冬を乗り切る自信がないため、消極的選択でiPhone 7を予約しました。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする