LaCie Little Big Disk Thunderbolt を分解してSSDに換装する方法

LaCie 外付けデュアルストレージドライブ Little Big Disk Thunderbolt 1TB LCH-LB1TTB

数年前と比べるとSSDの値段はかなり安くなってきましたね。

ビジネス用途向け、5年保証のSanDisk製SSD「Z400s」250GBを2つ購入し、LaCie Little Big Disk Thunderbolt の中に換装し、iMac Mid 2011の起動ディスクにすることにしました。

LaCie Little Big Disk Thunderboltを分解する方法

tb

LaCie Little Big Disk Thunderboltの背面の四隅のシールを剥がしプラスドライバーでネジを外します。

tb2

こんな感じでネジをとります。

tb3

LaCie Little Big Disk Thunderboltのスタンド部分は六角レンチで外します。

tb4

スタンドを外すと基盤を固定するネジが見えますので、プラスドライバーで外します。

tb5

中の基盤を引っこ抜きます。

tb6

こんな感じの基盤とハードディスクが出てきました。

基盤からハードディスクを外す

tb7

基盤の側面のネジをプラスドライバーで外します。

tb8

基盤上部のネジをプラスドライバーで外します。
以上でLaCie Little Big Disk Thunderbolt を分解し、中のハードディスクを取り出すことができます。

SanDisk製SSD「Z400s」250GBに換装

tb9

Z400sはこんな箱に入っています。

tb10

箱から取り出すとZ400sが姿を現しました。

LaCie Little Big Disk Thunderbolt をSSDに換装する

上記のこれまでの手順と逆の方法でSSDへ換装します。

tb11

基盤にSSDを取り付けたところ。

Z400sは元のハードディスクより薄いため、取り付けると隙間が空いてしまいます。
マウンタを取り付ければ安定して固定できますが、立てて運用するので、今回はこのまま本体に取り付けることにします。

tb12

換装完了。

Thunderboltポートに接続し、OS Xのインストール及び環境をバックアップから戻します。

SanDisk製SSD「Z400s」の速度は?

元のLaCie Little Big Disk Thunderbolt 1TB LCH-LB1TTBのベンチマーク

元のハードディスク500GB RAID 0での速度は

LaCieHDD

  • 書き込み 121.2MB/s
  • 読み込み 176.0MB/s

SanDisk製SSD「Z400s」250GB RAID 0へ換装後のベンチマーク

LaCieSSD

  • 書き込み 258.3MB/s
  • 読み込み 462.5MB/s

書き込みは思ったほど速くありませんが、読み込みは劇的に速くなりました。

SD8SBAT-256G-1122 [Z400s SSD(256GB 2.5インチ SATA 6G 7mm厚 5年保証 WHCK認証)]
Sandisk “SSD 256GB 2,5″” Z400s”
売り上げランキング: 45,777
関連コンテンツ

シェアする

フォローする