WordPressで使用しているデータベースの容量を確認する方法

WordPressを稼働させているレンタルサーバーでデータベースの容量を制限、あるいは目安が設定されている場合があるかと思います。
ちなみに私が使用してるミニバードでは100MBです。

「サーバー管理ツール上で、データベースの作成や、データベースユーザーの作成、権限設定などを行うことが出来る機能です。
また、ミニバードでデータベースを快適にご利用いただくことが出来る容量の目安は「100MB」です。」

ミニバードレンタルサーバーなら、格安の月額250円(税抜)から始められるから、サイフに負担をおかけしません!その上、50GB という大容量だから、充実のホームページ運営が可能です!

レンタルサーバーにもよりますが、レンタルサーバーの管理画面ではデータベース容量が確認できない場合も多いかと思います。

しかし、私が使用しているミニバードを始め、多くのレンタルサーバーで使用されれいる「phpMyAdmin」では以下の方法で確認できます。

「phpMyAdmin」にログイン

phpmyadmin
レンタルサーバーによりログイン方法は変わりますが、ミニバードを始め、ネットオウル株式会社のサービスであれば、「サーバー管理ツール」>「データベース設定」>「phpmyadmin」をクリックします。
ログイン画面が表示されたらデータベースを作成した際に通知された

  • MySQLユーザ名
  • MySQLパスワード

を入力します。

データベース容量の確認

phpmyadmin
information_schemaでない方のデータベースをクリックします。

phpmyadmin
サイズの合計欄に表示されている数がデータベースの容量になります。

現在、下書きを含めて750記事で13MB、単純に考えて100MBに到達するまで5770記事になるので、アクセス過多による負荷や転送量を考えなければあと5000記事はミニバードで書けますね。



関連コンテンツ

シェアする

フォローする