WordPressのリビジョン数を制限する方法

WordPressを初期設定のまま使用するとリビジョンがどんどん増えてしまいます。

リビジョンとは?

WordPressのリビジョンは、記事の変更履歴を自動保存してくれます。
WordPressの初期設定では、記事を変更するたびに記事内容が全て保存されます。
リビジョンは間違って記事を変更した際に元に戻せる便利な機能ですが、記事を何度も更新すると、データベースの容量が無制限に増えていきます。
データベースの容量が増えていくとWordPressのページ表示が遅くなる原因になる場合があります。
以下の方法でリビジョンの保存数を制限することができます。

リビジョン数を制限するには?

Revision Control」というプラグインを使用します。
Revision Control」は、WordPressの投稿と固定ページにそれぞれリビジョンの保存数を自由に設定できます。

「Revision Control」のインストール方法は?

WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 >「Revision Control」で検索してインストールし、有効化します。

「Revision Control」の使用方法は?

revision
「WordPress管理画面」>「設定」>「リビジョン」から「投稿」「固定ページ」それぞれのリビジョン保存数の設定ができます。

revision2また、投稿画面の「Post Revisions」から既に保存されているリビジョンの比較や削除をすることができます。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする