OS X 10.10 Yosemiteでスリープからの復帰に失敗する時に試してみる方法

ここ最近、2日に1回の割合でiMac Mid 2011でスリープの復帰に失敗します。
OSはOS X 10.10 Yosemiteです。

ネットで検索してみると

  1. スリープから復帰後にMac自体がフリーズする
  2. スリープから復帰後、ログイン画面が乱れる/ブラックアウトする
  3. スリープから復帰後、ログインはできるがWi-Fiが繋がらない
  4. スリープから復帰後にサウンドシステムが使えない(音が出ない)

などの現象が発生しているようです。

私の具体的な症状は?

  • スリープから復帰させるとハードディスクやファンは回転している
  • ディスプレイは真っ暗なまま
  • しばらく(5分位?)そのままにしておくと自動的に再起動がかかり、ログイン画面が表示される
    (スリープから復帰するとパスワード入力無しでデスクトップが表示される設定になっているため、スリープから復帰できているわけではありません)
  • ログイン後、「Sleep Wake Failur」のエラーが画面が表示される

の現象が出ています。

上記の1と2の現象に該当しそうです。

色々検索してみた結果、Appleのフォーラム

に記載してある方法を実践すると改善されたのでご紹介したいと思います。

具体的な方法は?

safeboot

Macの電源ボタンを押し、Macが起動した直後に「Shiftキー」を押しっぱなしにし、リンゴマークが表示されたら「Shiftキー」を離します。(いわゆるセーフブートを行います)

IMG_2014

ログイン画面が表示されます。
右上に「セーフブート」を表示されていることを確認します。
パスワード入力画面にユーザーネームの最初の1文字を入力しEnterを押します。
次に正しいパスワードを入力し「Enterキー」を押します。

デスクトップが無事表示されると完了です。

これで解決できるの?

その方法を実践して1週間、少なくとも私の環境ではスリープからの復帰に失敗せずにいます。
他の要因で別の方法で解決できる場合もあるようですが、何をやってもダメな場合、一度この方法も実践してみてはいかがでしょうか?

Apple
posted with iTunesLinker at 15.06.06
関連コンテンツ

シェアする

フォローする