六角レンチの無いiPhoneのアルミバンパーを取り付ける方法

iPhone 6用のバンパーやケース、少しずつ数が増えてきましたね。
iPhone 4とiPhone 5はElement caseの六角レンチで締めるタイプのバンパーを使ってきました。
しかし、六角レンチを使うのは流行でないのかあまり見なくなりました。
したがって、iPhone 6では六角レンチを使わないタイプのアルミバンパーをAmazonにて購入しました。

Amazonといってもマーケットプレイスの方で、どうやら出品者は中国の方のようで購入手続きから数週間後、20年位前の裏ビデオの通販のような黒い包みで届きました。
梱包もあまり美しくないので開封の議は行いませんでした。
先日、友人のiPhone 5用のケースが壊れたようで、同じく六角レンチを使わないアルミバンパーを購入し、特に説明書もなく、取り付けに苦労していました。
私のアルミバンパーも説明書がなく、取り付け方法に少々?となったので、メモとしてブログに記しておきます。

六角を使わないバンパーはこんな感じでフックに引っ掛けるようになっています。
フックを外し少し広げます。

iPhoneを取り付けてフックに引っ掛けるだけ。

で終わりなんですが、金具を使用するバンパーしか使ったことが無い人だと「これどうすんの?」と悩んでしまいますね。

SIMカードを入れる口が覆われているので簡単に差し替えできません。

ぴったりとフィットして元々こんな形だったのでは?と思うくらいです。
関連コンテンツ

シェアする

フォローする