Apple Storeにてバッテリーを交換してきたiPhone 5、スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラムの対象機種でした

バッテリー交換プログラムによって再生した私のiPhone 5、すこぶる調子が良いです。

朝まで充電し、その日の21時過ぎでも落ちることなく、バッテリー残3%でもきちんと動作しています。
出勤時にAnker Astro M3 13000mAh モバイルバッテリー  を持ち運ぶ必要が無くなったので、鞄がかなり軽くなりました。

Anker Astro M3 13000mAh モバイルバッテリー は日常では使用する場面が減ってしまいましたが、旅行など長時間の外出時に、活躍してもらおうと思います。

そんな絶好調のiPhone 5ですが、Apple StoreのGenius Barでのやり取りで1つだけ気になったことがありました。

スタッフ>バッテリー以外に不具合があるか確認しますね。(iPhoneのスリープボタンを触り)スリープボタンも問題無いですね。
私>はい、バッテリー以外は特に問題無いです。

この時はiPhone 4ではホームボタンの動きが悪くなったので、全部の物理的なボタンをチェックしているのかな?程度にしか思っていませんでした。

が、ある日zenbackの「関連するみんなの記事」に『自分のiPhone 5が「スリープ解除ボタン交換プログラム」適用機種だった。』の文字が・・・。
内容を確認し、ようやくApple Storeでの上述のやり取りの意味がわかりました。

https://ssl.apple.com/jp/support/iphone5-sleepwakebutton/
にて、私のiPhone 5のシリアル番号を入力すると

私のiPhone 5はスリープ/スリープ解除ボタンの不具合の対象ロットでした。
しかし、バッテリーと違いスリープボタンの交換はApple Storeでなく、リペアセンターでの対応のため、交換に日にちがかかること、特に現在動作に問題が発生していないため、修理対応しなかったようです。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする