iPhone 5のバッテリーを無償交換してきました

私のiPhone 5のバッテリーの減りが早いのは不具合でした
ずっとおかしいと思っていました。 iPhone 5を購入して一年が経過した頃からバッテリーの減りが早く、仕事が終わって帰宅するまでiPho...

iPhone 5バッテリー交換プログラムの対象だったため、Apple Storeで交換してきました。

予め

この二点を行い家を出ました。

もう一点

  • 「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップして、データと設定をすべて消去します。

をしないといけないのですが、本体丸ごと交換するならまだしも、バッテリーの交換のみで全てのデータを消すことに少々疑問があったので、Apple Storeの店内で消去することにしました。

Apple Store栄店にて

予定より10分遅れでGenius Barのカウンターに案内され、端末状況の確認をiPadで行いました。iPhoneとiPadをケーブルで接続せずに、リモートでバッテリーの状況などを確認できるということは、こちらのiPhoneの使用状況をリモートで事細かに知られているのではないかという気がしてちょっと引きました。(実際どこまでの情報が 専用ソフトで確認できるかは私は知りません)
バッテリーの交換機種対象であることが確認できると、バックアップが済んでいることを聞かれ、スタッフが「iPhoneを探す」がオフになっていることを手で操作し確認していました。
また、データの消去については、「まずこのまま(データが残っているまま)行います」と言われ、消去せずに持参して正解でした。
その後、パスコードのロックを解除させられ、「バッテリー交換によりデータの消失の可能性について」と「保護フィルムを破棄すること」の同意書に署名しました。
バッテリー交換時に他の不具合も確認し、他の不具合もあれば無料のバッテリー交換ではなく、本体丸ごとの有償交換になることを伝えられ、一時間後に再度来店することになりました。
スタッフとはお互いに想定通りの受け答えでサクサクと話が進みここまでの所要時間は5分程度でした。

iPhone 5との再会

夕食を済ませ、一時間後、再度Apple Storeへ。私を待っていたiPhone 5の姿は・・・・保護フィルムが着いたままでした。
他の不具合も無く、バッテリーのみの無償交換でデータもそのまま残り、何もせずに以前通りに使うことができています。(パスコードのロックと「iPhoneを探す」は再度有効にしました)
バッテリーの残が50%でしたが、リチウムイオンバッテリーの特性を考えれば当然のことでしょう。(リチウムイオンバッテリーを長期保管する場合、残り0%でも100%でも傷む原因とされ、50%残しておくというのが定説です)

iPhone 5バッテリーの無償交換のまとめ

1〜5は事前準備、6〜9はApple Store入店以降

1. Apple StoreのGenius Barの予約をする

  • iTunes または iCloud にデータをバックアップする。
  • iPhone を探す」をオフにします。
  • 「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップして、データと設定をすべて消去する。
以上の三項目は行うことがルールになっていますが、私は以下のように考えます。
2. データのバックアップは本体ごとの有償交換になった場合を考え、行うべきです。
3. 「iPhone を探す」のオフも上記の理由で同様に行うべきです。
4. iPhoneをスタッフに渡す際、交換後の動作確認のため、パスコードのロックを解除させられます。
ということは、万が一悪意を持ったApple Storeのスタッフがいた場合、iPhoneの中身を見られて悪用される可能性があります。(そんなことは無いと信じたいですが、リスクを管理するということは、最悪の事態を想定して備えておくべきです)
そのリスクがあっても、可能な限り受け取り後すぐにこれまで通りの環境で使いたい方は、消去せずに持参し、見られるのが嫌な方は消去してから持参すべきでしょう。
また、たまたま今回対応されたスタッフが「消去しない」対応をされたかもしれず、スタッフによっては有無を言わさず強制的に消去するかもしれません。
5. パスコードのロックを外しておく。
6. バッテリーの交換の対象機種かどうかの確認及び手続きはスタッフと客が慣れたもの同士ならば所要時間は5~10分。
7. 交換の作業時間は約一時間。(客の人数により変動の可能性あり。あくまで私の場合。)
8. 保護フィルムをはがすことに同意させられるが、保護フィルムは着いたまま戻ってきた。(私の場合。)
9. 交換直後のバッテリー残は約50%。これまで、残10〜20%から満充電するまで1時間少々でできていたのが、50%から満充電するまで2時間程度かかり充電時間に明らかな変化があります。
丸一日使用して、バッテリーの使用感について追記していきます。
関連コンテンツ

シェアする

フォローする