OS X 10.9 Mavericks用のリカバリディスクを作成したい

OS X 10.9 MavericksでもOS X Lion、Mountain Lion同様、復元ディスクアシスタントを使用してUSBメモリからリカバリすることが可能です。
しかし、復元ディスクアシスタントからリカバリすると、途中でApple IDの入力を求められインターネット経由でシステムをダウンロードすることになり時間がかかります。

OS X 10.9 Mavericksでは復元ディスクアシスタントを使わずにUSBメモリからリカバリする方法が提供されています。

用意するもの

  • 8GBの容量のUSBメモリ(実際は6GBあれば足りますが6GBのUSBメモリを探すのは大変です)
  • 「OS X Mavericksインストール.app」をアプリケーションフォルダへコピーしておきます。

手順

boot

1.USBメモリをMac本体に差しディスク名を確認しておきます。

2.アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル.appを起動します。

3.ターミナルに

Terminal

と入力します。最後のhogeは1.で確認したディスク名を入力します。
現在ログインしているユーザー(要管理権限)のパスワードを入力します。

boot

4.「If you wish to continue type (Y) then press return:」と表示されるので「y」を入力します。

boot2

USB2.0のUSBメモリで約30分ほどで上のように表示されれば完了です。

IMG_1365

USBメモリから起動して、OS Xをインストールするとインターネットに接続することなく完了しました。

2015年6月7日追記

OS X 10.10 Yosemiteは以下の方法です

OS X 10.10 Yosemiteのリカバリディスクを作成する方法
OS X 10.10 YosemiteでもOS X 10.9 Mavericks同様USBメモリからリカバリする方法が提供されています。 ...
関連コンテンツ

シェアする

フォローする