Logicool Ultrathin Keyboard Cover KT710を購入しました

私はPC110やチャンドラ、ThinkPad、レッツノート、Librettoなど小さいノートパソコン好きで、小さいキーボードには十分慣れているのですが、先日購入したAnker iPad キーボードカバー はキータッチに馴染めない部分がありLogicool Ultrathin Keyboard Cover KT710を某オークションにて購入しました。
結果として大当たりでした。さすがキーボード大手のLogicoolさんです。キーピッチはほぼ同じなのに非常に手に馴染みます。
Anker iPad キーボードカバーの磁石はかなり強力でiPadとキーボードカバーを外すのにけっこう力が要るのですが、Logicool Ultrathin Keyboard Cover KT710は割りと簡単に外れます。といっても持ち運び中に知らない間に外れるほどではなく、適度な引っ付き具合です。

Anker iPad キーボードカバーと大きな違いは、Anker iPad キーボードカバーにiPadを立てた時、キーボードカバーの爪に引っ掛けるだけで電車の中など振動のあるところでは外れてしまうおそれがありますが、Logicool Ultrathin Keyboard Cover KT710はiPadを立てる溝にも磁石があり、横長で立てた時はかなり安定感があります。(縦長の場合、iPadの底面に磁石が無いので安定感はAnker iPad キーボードカバーと違いはほとんどありません)

iPadの裏側に傷防止の透明フィルムを貼っているため写真では若干色合いが違って見えますが、実物はLogicool Ultrathin Keyboard Cover KT710とiPadの裏面は全く同じ色、質感なのでAppleの純正品かと思うほどの一体感です。

Logicool Ultrathin Keyboard Cover KT710とiPadを合体させたところ。
完全にノートパソコンです。

Anker iPad キーボードカバー同様日本語入力のオンオフは「commandキー+スペース」で切り替えられ、コピー・ペーストに関しても
「commandキー+C」=コピー
「commandキー+V」=ペースト
を使用できます。

Anker iPad キーボードカバーでは独立したキーだった特殊機能はfnキー+数字キーの組み合わせでできます。左から順に

  • ホーム
  • 検索
  • 言語の切り替え
  • オンスクリーンキーボードの表示/非表示
  • テキストの左を選択
  • テキストの右を選択
  • 切り取り
  • コピー
  • 貼り付け
  • 再生/一時停止
  • ミュート
  • 音量ダウン
  • 音量アップ
  • iPadのロック/ロック解除
の機能が割り当てられています。
LOGICOOL ウルトラスリム キーボードカバー TK710WH
ロジクール (2012-11-14)
売り上げランキング: 1,378
関連コンテンツ

シェアする

フォローする