OS Xの「システム環境設定」の不要な項目を非表示にしたい

システムにかかわるアプリケーションをインストールすると「システム環境設定」にアイコンが表示されることがあります。現在は使ってないけど、完全に削除してしまうのはちょっと不安なので精神安定上見えないようにしたいと思います。
あるいは1つのアカウントを複数で共有していて不慣れな人に「システム環境設定」をいじられて設定を変更されたら困るので特定の項目を非表示したいという場合、以下の方法で行うことができます。

特定の項目を非表示にするには?

「システム環境設定」を開き、「メニューバー」>「表示」>「カスタマイズ」を選びます。

非表示にしたい項目のチェックを外し「完了」をクリックします。

見えなくなりました!

また、完全に削除したい場合、アプリケーションにアンインストーラがあればアンインストール後に消えますが、アンインストーラの無いアプリケーションは

「アプリケーション本体及び/ライブラリ/PreferencePanes」

の中のhoge.prefPaneをゴミ箱へ入れます。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする