OS Xで使用していないアプリケーションを簡単に終了させる方法

Windowsではウィンドウの「×」をクリックするとアプリケーションを終了することができます。しかし、OS Xでは旧Mac OS時代から「×」をクリックしてもウィンドウが閉じるだけでアプリケーションは終了しません。

OS X(旧Mac OSを含む)でアプリケーションを終了するには、終了したいアプリケーションを選択し、「メニューバー」>「hogehogeを終了」をクリックするか、command+q で終了します。

現在アクティブになっていない(バックグラウンドで動作している)アプリケーションをその都度選択して終了させるのは少々面倒です。しかし、以下の方法でアプリケーションをアクティブにすることなく、簡単に終了させることができます。

command+tabでアプリケーションスイッチャーを起動し(commandキーは離さない)、tabキーを数回押し、終了したいアプリケーションを選択した状態にします(まだcommandキーは離さない。)
commandキーを押したまま「q」を押すと選択したアプリケーションが終了します。

選択していたToyViewer.appが終了しています。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする