Windows 7のXPモードを起動したらCLIENT MAC ADDR:DHCP と表示されて起動できない

勤務先の経理が使用しているパソコンは電源部分の故障で今年度から新しいパソコンへ買い替えました。ちょうど同じ時期に基幹システムもO社のオフコンからオープン系のものに変更し、O社とのしがらみがなくなり、税理士の先生の勧めもあり会計ソフトを安価な弥生会計へ変更しました。
しかし、税務署の監査やらで過去のデータも必要になり、O社の会計ソフトをWindows 7へ入れようとしたところ、MSDEのインストールの段階で拒否されてしまいました。

やむを得ずXPモードで動作させることにし、Windows XP Mode のダウンロードからダウンロード及びインストールし、いざ起動しようとすると

CLIENT MAC ADDR:
DHCP

と表示されたまま、仮想コンピュータ内のWindows XPが起動しません。

仮想コンピュータのハードディスク内でOSが見つからずネットワークブートしようとしていることはわかりますが、「以前XPモードをやった時はこんなに苦労しなかったのになぁ」といろいろ試行錯誤した結果、
「スタートメニュー」>「すべてのプログラム」>「Windows Virtual PC」>-「Windows Virtual PC」から起動していることに気づきました。

正しくは

「スタートメニュー」>「すべてのプログラム」>「Windows Virtual PC」>「Windows XP Mode」

で何事も無く起動しました。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする