MacからiPhoneへテザリング(USB編)

前回に引き続いて、今回はUSBでのテザリング編です。
といってもiPhone側の設定方法はWi-Fi編と全く同じです。

iPhoneの「設定」>

「一般」>

「モバイルデータ通信」>

「インターネット共有」をタップし、

「インターネット共有」をオンにします。
以上でiPhone側の設定は完了です。

Mac側は特に何もしなくても認識され、インターネットへつながった状態になります。

OS Xの「システム環境設定」>「ネットワーク」を見ると

iPhone USBで接続されていることが確認できます。
USBで接続することの利点として、
  1. USBで接続=MacからiPhoneへ電源が供給されiPhoneの残りのバッテリー容量を気にせずに利用できる
  2. Wi-FiやBluetoothよりも速度面で有利
この2点に尽きます。
関連コンテンツ

シェアする

フォローする