iCloud上のファイルを整理したい

OS X 10.8 Mountain Lionから対応したアプリケーションならばiCloud上へ直接保存することができます。

普通に保存をしていくと同じ階層へ保存されていき、ファイルの数が増えると煩雑になり、管理がしきれなくなります。
しかし、iCloud上でもフォルダを作りファイルの管理をすることができます。

対応したアプリケーションならばどれでも良いのですが、ここではファイルの汎用性の高い「テキストディット.app」を起動し、「ファイルを開く」画面を出します。
その際、「このMac内」が選択されていたら、「1」の「iCloud」をクリックします。
iPhoneのホーム画面と同じ要領でフォルダにまとめたいファイルからファイルへドラッグします。

フォルダが作成されました。

初期設定では「フォルダ」という名前になりますが、もちろん自由に任意のフォルダを名前をつけることができます。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする