OS X 10.8 Mountain LionはBluetooth周りも改善されているようです

Mac OS X 10.7 Lionではワイヤレスステレオヘッドセット AD-MS500との接続を解除すると上の画像のエラーが毎回表示され、けっこうなストレスになっていましたが、OS X 10.8 Mountain Lionではこのようなエラーは出なくなりました。
Mac OS X 10.6 Snow Leopardでも出ていなかったのでLion特有のエラーだったんでしょうね。

Apple
posted with iTunesLinker at 14.11.01
関連コンテンツ

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    はじめまして。
    bluetoothオーディオエラーについて聞きたいのですが、特段設定を変えることなく、エラーが消えたのでしょうか?
    私は、Macを使い初めなので今までの状況が把握しきれていないのですが、先日Mountain Lionにアップデートしました。
    そして、ヘッドセット(M155)の電源を切るたびにエラーが表示され、そのせいで?Skype上での音声の入力出力がうまく切り替わらないことがあります。

  2. 匿名さん

    コメントありがとうございます。
    Mountain Lionを新規インストール+Time Machineから私個人の設定とアプリケーションを戻しただけでBluetoothの設定は特に行なっていません。
    新規インストールしたので再度ペアリングしないといけないのかな?と思ったのですが、ペアリングすることなく認識しました(Time Machineから個人の設定を戻した時にペアリングの設定も引き継いだようです)

    こちらでは匿名さんと同じ状況を再現する環境がないため、お役に立てないかもしれませんが、もし何か情報を得ることができましたが、こちらに再度コメントさせていただきます。

  3. 匿名 より:

    そうなんですか。。
    今までWindowsを使っていましたので、Macの細かいところが把握できていない私も勉強しなきゃいけないのですね(汗)
    ちなみに、アップルのサポートに電話して質問してみました。その際、途中からシニアアドバイザー?なる方に引き継がれ、ヘッドセットの型番などいろいろと質疑応答を繰り返した結果、Macの仕様と言われてしまいました。
    その後で、こちらのブログを拝見させていただきました。
    しかし、あのエラー表示は個人的に納得いかないですね、、表示されるのはまだいいとして、表示を消すための選択が一択しかないのはやめていただきたい(笑)