Mac AppStore以外のところからアプリケーションをダウンロードして起動しようとすると「開発元が未確認のため開けません。」と出る

OS X 10.8 Mountain LionからはGatekeeperという仕組みにより初期設定ではMac App Storeと確認済みの開発者のアプリしか起動できなくなっています。
設定を変更し、全てをアプリケーションを起動する方法が2通りあります。

「システム環境設定」から行う方法

「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「一般」の「ダウンロードしたアプリケーションの実況許可」の「すべてのアプリケーションを許可」にチェックをつけます。
(左下の鍵のアイコンが閉じている場合はクリックして鍵を開けます)

アプリケーションの起動時に設定を行う方法

該当するアプリケーションの右クリックして「開く」をクリックします。

確認の画面が表示されるので「開く」をクリックして起動することができます。

当然、これらの操作をすると、セキュリティが下がり悪意のあるアプリケーションを起動する可能性があります。
また、Lion環境からアップグレードした場合、Mountain Lionをインストールするよりも前に入っていたアプリケーションはこの操作をしなくても通常通り起動できます。
Mountain Lion上でインストールした、確認済でないアプリケーションも一度上記の方法で起動すると2度目以降は通常通り起動できます。

Apple
posted with iTunesLinker at 14.11.01
関連コンテンツ

シェアする

フォローする