iOS 5.1にアップデート後MMSで絵文字が使えない。

iOS 5.1からは絵文字の文字コードの処理方法が変わってしまい、MMSで絵文字を入力し他社の携帯へ送信しても絵文字が表示されなくなってしまいました。
しかし、Emojicoder Proを使用するとSoftBankの絵文字の文字コードに変換され、MMSで絵文字を使用することができます。

Emojicoder Proを起動し、文章を入力して「SoftBank」の変換ボタンをタップします。この時点で内部で文字コードの変換とコピーが行われています。

「メッセージ」を起動し、ペーストして「送信」ボタンを押すだけで相手に絵文字入のMMSを送信することができます。

また、Emojicoder ProのアクションメニューからMMSへ受け渡すこともできます。
本文を入力し、「SoftBank」の変換ボタンを押し、アクションメニュー(SoftBankの変換ボタンの隣りの矢印ボタン)を押します。

「メッセージ送信」をタップします。

新規メッセージで本文が入力されるので宛先を入力し、送信します。

将来的にアップデートで解決されるかもしれませんが、今のところこの方法で回避することができます。
2012年5月8日追記
iOS 5.1.1へアップデートすることにより解決しました。