iOS 5.1発表、しかしアップデートできず。しかもWi-Fiが繋がらなくなる。(解決方法有り)

新しいiPadの発表と同時にiOS 5.1も発表になりました。
しかし、ダウンロードを開始しようとしても、DLされないばかりか必ずWi-Fiが接続できなくなるトラブルが発生しました。
「今日は雇用統計なのに・・・」と非常に焦ったりイライラして、とりあえずiOSのアップデートは後回しにしました。
以前からWi-Fiが途切れることはよくあったので、ついに寿命だとルーターの故障と勝手に判断し、新しいのを通販で購入した後、いろいろサイトを見ていたら、ルーターもしくはIPS側が、標準のUDPでは512byteを越える応答は扱えないので起こる現象でDNSの設定をGoogleのPublic DNSにするとうまくいくようです。
具体的には
ルータの設定画面のDNSの項目に

プライマリDNSを「8.8.8.8」
セカンダリDNSを「8.8.4.4」

にしてiOSのアップデートを実施し、完了後DNSを元に戻します。

もう少し早くわかればルーター買わずに済んだのに・・・(´・ω・`)

関連コンテンツ

シェアする

フォローする