Windowsのデータや設定をMacへ移したい

iPhoneやiPodでApple製品に慣れ親しんできたせいで、Windows PCからMacへ乗り換える場合もあるかと思いますが、Windows 移行アシスタントを使うことによって、Windows PC から、連絡先、カレンダー、メールアカウントなどのデータをMacへ転送することができます。

にて記載してあります。
以下は上記ページの抜粋ですが、わざわざ手動で設定やデータのコピーをしなくてもほぼ自動で今までと同じ環境でMacを使用することができます。

Windows 移行アシスタントを使うと、Windows PC (Windows XP SP3 以降) から Mac に次の情報が移されます。

  • メール:Outlook、Outlook Express、Windows メールの IMAP アカウントと POP アカウント、および Windows Live メールカウントが Mail に転送されます。Outlook、Outlook Express、および Windows メールからは、既読、返信済み、フラグ付きなどのメールメタデータが OS X の Mail に転送されます。
  • 連絡先:Outlook と Outlook Express の連絡先、「連絡先」ホームディレクトリの Windows 連絡先がアドレスブックに転送されます。
  • カレンダー:Outlook カレンダーが iCal に転送されます。
  • iTunes ライブラリ :ミュージック、写真、ビデオ、および iOS デバイス用の App とゲームが対象になります (レンタルされたものは除く)。
  • ホームディレクトリのフォルダと内容 :ミュージック、ピクチャ、デスクトップ、書類、およびダウンロードが対象になります。
  • Internet Explorer、Firefox、および Safari のブラウザブックマークとホームページ:Safari に転送されます。
  • 言語環境、ロケール、カスタマイズされた壁紙などのユーザ設定
Apple
posted with iTunesLinker at 14.11.08