2010年8月3日からWindows XPの起動が遅い。完全解決編

2010年8月3日からwuauclt.exeとsvchost.exeが異常にメモリを食い、動作が非常に遅くなる問題はひっそりと解決したようです。
やり方は実に簡単で、IEを起動して手動でMicrosoft Updateの更新プログラムの検索をするだけです。
今回の件でWindows Updateに戻した人は再度Microsoft Updateをインストールして更新プログラムを検索します。

もっと大々的なニュースになるかと思っていましたが、Microsoftからのアナウンスは、「マイクロソフト サポート オンライン」の「Windows XP を搭載した一部のコンピューターで更新プログラムを確認する際にコンピューターの動作が遅くなるという問題が報告されておりましたが、現在この問題は解消しております。」の文章だけでした(´・ω・`)ショボーン。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする