Mac OS Xでスリープすると勝手に復帰するその2。

以前、スリープから勝手に復帰した場合、いつ復帰したのか確認する記事を掲載しました。

復帰した時間までは確認できても、その原因まではわからなかったのですが、コンソールのログで何が原因で復帰したか調べることができました。

「コンソール」のシスログで14時18分20秒に復帰したことがわかります。(以前の記事の内容)

「コンソール」の「すべてのメッセージ」の同じ時間を見ると
「Wake reason =USB2」
と書いてあり、USBの機器が原因で復帰したことが確認できます。さらに下を見ると「Apple Extended USB Keybord~~」とあるのでどうやらキーボードが原因で復帰しているようです。
プリンタなどが原因であれば不要な時は取り外してしまえば一気に問題解決となりますが、キーボードは取り外すことができないので、残念ながら原因がわかっても耐えて使うしかないようです。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする