「Internet Explorer は動作を停止しました。」 と表示されてIEが終了してしまう。

私の環境では起こらず、友人に相談されて知った現象です。
調べてみるとよくある現象で、特定のアドオンが原因でそのアドオンを無効にすると良いみたいです。

1.Internet Explorerのアイコンを右クリックし、「インターネットのプロパティ」をクリックします。

2.「プログラム」タブ>「アドオンの管理」をクリックします。
Internet Explorerのメニューバーの「ツール」>「アドオンの管理」でもできますが、Internet Explorerを起動した直後にエラーになり、そこまで辿れなかったり、グレーになって選択できない場合があり、「インターネットのプロパティ」から出す方が間違いないです。

3.「状態」が有効になっているもののどれかが悪さをしていますが、どれか判断つかない場合がほとんどだと思いますので、1番上を選択して「無効」にし、動作確認して、ダメな場合は「有効」に戻した後、2番目を「無効」にして動作確認するというように順番に1つづつ確認していきます。

友人の環境では「AVGセーフサーチ」が原因でした。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする