Mac OS X 10.5でSambaを有効にし、ワークグループ名を変更する方法

Windowsとのファイル共有するSambaの設定が以前のバージョンより方法がかなり変わっています。

Sambaを有効にする

「システム環境設定」から「共有」をクリックし、「ファイル共有」を選んだ状態で「オプション」をクリックします。「SMBを使用してファイルやフォルダを共有」にチェックをつけます。

ワークグループ名を変更する

「システム環境設定」から「ネットワーク」をクリックします。
「ネットワーク環境」の名前が「自動」になっているとワークグループ名が変更できないので「ネットワーク環境の編集」を選び+をクリックして、任意の名前をつけます。(無線LANのネットワーク名とは違います)

「システム環境設定」>「ネットワーク」>「詳細」>「WINS」に任意のワークグループ名を入力し「OK」をクリックします。

で/var/db/smb.conf を見るとworkgroup名がSambaを再起動することなく「WORKGROUP」から動的に任意のものに変更されました。

「システム環境設定」の「ネットワーク環境」で複数のワークグループ名を設定しておけばSambaやMacを再起動することなく、柔軟にWindowsのネットワークに接続することができます。

2008年12月15日追記
当初、ワークグループ名は変更できないと記載しましたが、にっしー様よりご指摘を受け、内容を変更いたしました。

2009年09月24日追記
Mac OS X 10.6 Snow Leopardでも同様の操作で行うことができます。

コメント

  1. にっしー より:

    ワークグループ名の変更は、ネットワーク環境名を、自動ではなく、自分で作成したネットワーク環境名にしないとダメだったような気がします。

  2. くま同盟主宰 より:

    にっしー様、コメントありがとうございます。おっしゃる通りに設定してみたところ、ワークグループ名の変更ができました。
    本当にありがとうございました。
    またお気づきの点がありましたら、ご指摘、ご指導よろしくお願い致します。

  3. にっしー より:

    よかったです。
    Leopardにしてから、Finderの"共有"タブ?に同一LAN内のwindowsマシンが現れなくなってしまったで、困ってるんですが、そういう症状ありますか?

  4. くま同盟主宰 より:

    こちらでは特にそのような症状はなく、ぱっと思いつく原因は、「そんなところは既にチェック済み」とお叱りを受けるかもしれませんが、Finderの環境設定のサイドバーに表示する項目のチェックが外れているくらいしか・・・。
    いろいろ検証してみて、なにかわかったことがありましたらまた記事にしたいと思います。