I-O DATA USB 2.0/1.1 ハードディスク RHD2-U500 買いました

外付けハードディスクの容量の空きが気になりだしたため、I-O DATA RAID 0・1対応 USB 2.0/1.1 ハードディスク 500GB RHD2-U500 を買いました。

今までIEEE1394接続しか使ったことありませんでしたが、店頭ではUSBばかりでIEEE1394のものはあまり見かけなくなってしまい、仕方なくUSB2.0の中からB社のものはネットで故障が多いという評判が多いためこちらを選択しました。

約3GBのデータをコピーしたところ、なんと5分30秒もかかってしまいました。
ちなみにIEEE1394aのディスクにコピーした場合は2分40秒と約半分の時間です。ここまで差があるとは意外でした。

やはり外付けディスクにはIEEE1394に限ります。

IEEE1394のRAIDONのケースはファンの音がかなり気になりますし、パラレルATAのディスクは入手しにくくなってきましたが、SATA→IDEの変換基盤を噛ましてこれからも使っていくしかないようです。

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応USBハードディスク 1.0TBx2 RHD2-U2.0T I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応USBハードディスク 1.0TBx2 RHD2-U2.0Tアイ・オー・データ 2008-05-10
売り上げランキング : 46064
おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools
関連コンテンツ

シェアする

フォローする