Windows95や98のコンピュータがWindows 2000 ServerやWindows Server 2003へログオンできなくなる。

Windows95や98の起動時のログオンでは問題なくできるのに、しばらくするとサーバーへのアクセスが一切できなくなる場合があります。

イベントビューアを見ると

などのログが残っていて再セッション時に無効なパスワードが送られていることが予想されます。
対処方法として、Server側でセッションのタイムアウトの時間を変更します。

コマンドプロンプトで

時間はデフォルトで15(分)ですが、480などの大きい数字にするとエラーが起こらなくなります。
-1にするとセッションは切れませんが、リソース不足等の別のトラブルが起こるかもしれませんので、大きい数字に設定をした方がよいと思います。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする