Apple IntelベースのMacでWindows XPの利用を可能にするパブリックベータソフトウェア Boot Campを発表

アップルはIntelベースのMacでWindows XPの利用を可能にする「Boot Camp(ブートキャンプ)」のパブリックベータソフトウェアを発表しました。

Boot Campを使って、IntelベースのMacにWindows XPをインストールできるようになります。インストールが完了すると、Macの起動時にMac OS XまたはWindows XPの選択ができるようになります。次期Mac OS Xの「Leopard(レパード)」の一機能となる予定です。

正直なところIntelベースに変わってもVirtual PCのようなソフトを使わない限りMac上でのWindowsの利用は無理だと思っていましたが、Appleからこのようなソフトが出てきたのは驚きです。

実は今年の頭から為替相場に参加しているのですが、取引ソフトの都合で否応無しにWindowsを使用しないといけない状況だったので今後もMacとPCの両方を購入するしなければと思っていた矢先の発表だったので非常に嬉しいです。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする