X11 for Mac OS Xをフルスクリーンモードで動作させる方法

Mac OS X 10.3からApple純正のX Window Systemの「X11for Mac OS X」が付属しています。普通に起動するとルートレスウィンドウという状態でAquaとX11が共存した状態になりますが、フルスクリーンモードもサポートされています。

メニューバーから「X11」→「Preferences」を選択し、「Output」タブを選択します。
「Full screen mode」にチェックを付けます。

AquaとX11との切り替えは「コマンドキー」+「オプションキー」+「A」で可能です。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする