FTPでのメモ書き。

Mac OS Xは内部的にはUNIX互換なのでターミナルでftpコマンドを使ってファイルの転送を行なうことが可能ですが、一度に大量のファイルを転送する時はGUIで行なった方が便利な場合があります。

WindowsではFFFTPのような非常に使い勝手のいいfreeなソフトがあるものの、Mac用にはなかなか無いのが現実です。

個人的にはFTPCに期待していますが、現在まだまだ動作が不安定です。動作の安定性を考えメインにGoLiveに付属のFTPクライアントを使っていますが、パーミッションの設定がわかり難い・・・。(GoLiveはrwxr-xr-x などの9文字の文字列で設定、私は755などの数字で覚えている )
一番の原因は私が忘れちゃうっていうのがいけないんですが・・・。そこで対比表を作っていつでも参照できるようにしました。
自分用のメモ書きなので適当に作ってもいいんですが、最近はYahoo JapanからMacユーザーの方が沢山来られているので、他の方に参考になるように少し説明を丁寧にしました。

パーミッションは、「読む」「書く」「実行」の3つの実行権と、「自分」「グループ」「他人」の3つの所有権からなり、それぞれの組み合わせから合計3×3=9とおりのパーミッションが存在します。

「読む」「書く」「実行」の3つの実行権は以下の記号と数字で表されます。

読むことができる (Readable) r 4
書くことができる (Writable) w 2
実行することができる (eXecutable) x 1
なにもできない 0

パーミッションの3桁の数字の意味は、左からユーザー、グループ、その他になりそれぞれに指定した読み、書き、実行、の合計が属性値になります。
式:読み+書き+実行=属性値
例:4(r)+2(w)+1(x)=7

ユーザー
グループ
その他
読み+書き+実行=属性値 読み+書き+実行=属性値 読み+書き+実行=属性値

具体的には

777
755
666
644
(4+2+1)(4+2+1)(4+2+1) (4+2+1)(4+0+1)(4+0+1) (4+2+0)(4+2+0)(4+2+0) (4+2+0)(4+0+0)(4+0+0)
rwxrwxrwx rwxr-xr-x rw-rw-rw- rw-r–r-

となります。
実際のFTPクライアントの画面を見ると・・・

この場合644というのがわかります。

関連コンテンツ

シェアする

フォローする